[再録]

引用(中村天風)
体は、右むければ右むく、左むければ左むくんだが、心は腹立てちゃいけないときに腹がたったり、心配しちゃいけないときに心配したりする。ちょい と夜、寝際だって寝ることを考えなければ寝られるのに、わかっていても神経過敏な人間はすぐ知っていることでもって、かえって自分自身を迷わせち まうことがあるでしょう。それをあなた方は当たり前だと思っているところに、当たり前でない間違いがあるんだぜ。

腹立つときに腹立つし、悲しいことがあれば泣くし、つまんないことがあれば失望しちまう。これが人間の心だと思っている。だから、「病のときに病 を気にするのは当たり前だ。病を気にしなきゃ、そいつは馬鹿だ」と思っている。馬鹿だと思われている奴がほんとうは利口で、馬鹿だと思う奴が馬鹿 だということを知らないんだ。私もその仲間だった。

(略)

「悲しいときに、心まで悲しむ必要はなかろう」と、私はこう思った。ヨガの哲学の中にね、「身に病ありとしもいえど、心まで病ませるな。運命に非 なるものありとしもいえど、心まで悩ますな」という教えがあるんですよ。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示