キタナいのに慣れれば大らかになれます

キタナいのに慣れれば大らかになれます
秋から春にかけては、身体をせっけんで洗うのはおおよそ2日に一回。

と、これを読んで僕に対して「キタナ!」と思った方、アナタが異常なのです。。
潔癖症すぎるのです。

キタナい状況(自分自身が)に慣れれば、大らかになれます。
とはいっても、身体をせっけんで洗うのが2日に一回、では「キタナい」にはまったく入らないとは思いますが。

潔癖症は、器が小さい。それは、間違いのないことです。

潔癖症は他人のふるまいが許せない。


僕は、大学を卒業後しばらくフリーターで、夜はカラオケボックスでバイトしていたのですが、そこで、トイレ掃除は僕の仕事のひとつで、そして1~2か月に一度は嘔吐物掃除をやっていました。

なので、キタナい状況というのはそこで慣れました。素手で(つまり、ゴム手袋等をはめずに)自宅のトイレを掃除することに抵抗がある人が多いと聞 いたことがありますが、何故? と思います。公衆トイレならまだしも自宅ですよ。

もう時効でしょうが、その手で料理をつくって出していました。(もちろん手は洗いますよ!!)

フリーターの頃のトイレの嘔吐物掃除というのは、新卒一年目のサラリーマンの仕事と同じぐらいに尊いものではなかったか、と今になれば思います。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示