個人の自由

川島和正
人の行動を観察していると、基本的な価値観が大きく2つに分かれることに気づきます。
この2つは一体何かというと、快楽優先型か美学優先型かです。
快楽優先の人は、自分が気持ちよくなることを追求します。
具体的にいうと、食べたいものを食べ、寝たい時に眠り、欲しいものは買える限り何でも買います。
お金持ちの場合、太っていて、あまりオシャレじゃなくて、キャバクラや風俗でお金を使うタイプが、これに当てはまります。
一方美学優先の人は、他人からみて美しくあることを追求します。
具体的にいうと、体型を意識して食べ、体型を意識して運動し、欲しいものがあっても美しいものだけ買うようにします。
お金持ちの場合、美しい体型で、ファッショナブルで、一流ホテルや高級レストランでお金を使うタイプが、これに当てはまります。

このような状況の中、私は、美学優先型こそが素晴らしくて快楽優先型は下品で汚らしくて社会悪だと思っていたのですが最近、世の中の仕組みを知って価値観が変わってきました。
以前は、快楽優先型の人なんて世の中からいなくなればいいと思っていたほどなのに、そうは思わなくなったのです。
なぜ、考えが変わったのかというと、快楽優先型の人がいることで助かっている人が世の中にはたくさんいることがわかったからです。
いろんな食べ物をよく食べる人がいるから食文化が豊かになり、いっぱい買い物をする人がいるから経済が発展し風俗に行く人がいるから風俗でしか働けない人も生きていけるのです。

また、他人の目を過剰に意識しすぎる生き方はあまり主体的な生き方ではないと思ったからです。
他人への配慮は大切ですが、それを最優先にしてしまったら自分のための人生ではなく、他人のための人生になると思ったからです。

ですので、最近の私は、快楽優先型でも美学優先型でもどっちでも個人の自由でいいのではないかと思うようになりました。
TPOにあわせた行動をして、周りの人に迷惑をかけないことは大切ですが快楽優先か美学優先かは、みんな人それぞれ個人の自由でいいのではないかと思います。

スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示