傲慢

誰にでもわかる、賞賛される長所を持つ人間は、それが天性のものに近ければ近いほど、つまり努力不要であればあるほど、同時に欠点も抱え込むわけ。

その欠点とは「傲慢」。

という意味ではね、オレは、自分の子供らが特にこれといった特長もなく(「天性のものに近ければ近い」という意味で)、すくすくと育っているのはすごくいいと思うようになったんだよね。

うちの子らは120%、傲慢さがない。同級生のデカくてスポーツのできるようなヤツらは、小学校低学年の時点ですでに傲慢オーラを発してる。

うちの子ら、というか、これといった特長のないふつーの子は、天性のものがない分これから努力をしなければならないわけで。
それは、悲観的に考えれば苦難の道といえなくもないが。。でもね、どの努力で得た、後天的な長所っていうのは一生の宝物だからね。

先天的な長所っていうのは、高い確率で、なくなっていくんだから。
小さいころ図体がデカくてガキ大将だったヤツって半分以上は、170センチぐらいで止まってない? 身長。バスケだのサッカーだの、スポーツマジメにやってるヤツらに、抜かれていく。

後天的な長所には「傲慢」はついてこない。
うちの子らには、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を実践してほしい。

いや、すべての、先天的な長所をもたない、ごくふつーの子供らを、応援していきたい。

スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示