FC2ブログ

昔話の深層

昔話の深層

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)
(1994/02/15)
河合 隼雄

商品詳細を見る


われわれ心理療法家のもとに訪ねてくる多くの人は、(略)その人がそれまで信条としてきたことがくずされ、どのように生きてよいかわからなくなる。そこで、われわれ治療者に相談して、何かよい生き方を教えてもらおうと来談する。これに対して、われわれのできることは、「無為」である。そして、これこそが最上の方法なのである。

自分で解決を見出せず、治療者もたよりにならぬと知り、まったく行づまってしまったこの人は、退行現象を体験しはじめる。今まで、無意識のほうから意識のほうに流れていた心的エネルギーが、逆に意識から無意識へと流れはじめるのである。

これは今まで意識に依存してきた規範にたよれなくなったので、それに対立するものが無意識内に形成され、この対立のために心的エネルギーの流れが乱されて、むしろ逆流を生じたのである。このとき、この個人はまさに「怠け」の状態になる。あるいは行動するとしてもきわめて馬鹿げたことか、幼稚なことをするにすぎないだろう。

心理療法家としては、このような退行現象に耐えていると、その頂点に達したと思われる頃、エネルギーの流れの反転が生じ、それは無意識内の心的内容を意識内へともたらし、そこに新しい創造的な生き方が開示されてくるのを見るのである。

(略)ユングは、(略)退行には病的なものと創造的なものがあることを主張した。

(引用終了)

「治療者もたよりにならぬと知り」「今まで意識に依存してきた規範にたよれなくなったので」という、ある種強烈な「諦観」の経験が、きわめて大事であると思うのです。
スポンサーサイト



メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>>

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示