[再録]引用 修身教授録

引用 修身教授録
教育の仕事というものは、常に種子蒔きであり苗木を育てるようなものであって、花実を見る喜びは、必ずしも教育に本質的なものではないからであり ます。それゆえにまた、悲劇的といえば、たしかに悲劇的と言い得るものがあるともいえましょう。併しこれをもって単に悲劇的とのみ思う程度では、 じつは真の教育者たる資格なきものといわねばなりますまい。

というのも、現世的欲望を遮断しつつ次代のために自己を捧げるところにこそ、教育者の教育者たる真の使命はあるからであります。すなわち花実の見 られる希望がなければ、真の努力ができないようでは、よし為政者ではあり得るとしても、真の教育者とはいい難いからであります。否、為政者として も真の為政者は、自己の努力が在職中にその全部の結実を見ることを念とせず、必ずや後に来る為政者に、自己の努力の収穫をゆづる程度の雅量と識見 とがなければ、真に永遠の大計は樹てられないでありましょう。
修身教授録 (致知選書)修身教授録 (致知選書)
(1989/03/01)
森 信三

商品詳細を見る
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示