自分が対象物になる

自分が対象物になる
芸能人というのは、みられるヒトたちですね。

僕らは、みる側です。

たとえば「アート」の類も、僕らは、みる側です。

僕はおそらく、みる側にいる自分が、キライです。

かといってみられる側になりたいのか? といえば、どうやらそうでもないようです。

みる側とみられる側は対等であるはずなのに、明確に格差がある(らしい)というのが、不満があるのだと思います。

格差、といえば。。

たとえば芸能人の方々は皆、ハンサム、または美人ですね。

そういう意味での格差はあるでしょう。。

彼らは見られる部分を特化して協調し、磨いているわけです。

そういう部分について、引け目を感じることは、ない。

僕らは市井の生活をしつつ、毎日毎日一生懸命働いています。

芸能人の方々も皆、(たぶん)毎日一生懸命働いています。

という意味では、対等。


結局。。

僕らはいつでもみられる側にまわってもよいような準備(? 「たしなみ」?)をしておくべきだと思うのです。

「アート」でたとえれば。。

アートを鑑賞するのは大事ですが、鑑賞しているうちにやがて自分が「アート」になってゆく、鑑賞される対象物としてふさわしい人間になって ゆく、ぐらいの気概は持ちたいなあ、と。。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示