身体の声、ココロの声(食について)

身体の声、ココロの声(食について)
最近あらためて食に気をつかうようになり、ますます自分の「身体」の声に耳を澄ますようになったと思っています。

実はそれは前からやっていたのですが(僕は大病をしたので、病気 以降、自分の身体が発する声に耳を澄まさざるを得なくなりました)、ここ数年はおろそかにしていました。

なぜなら、最近は「ココロ」の声にずっと耳を澄ませてきたからで す。

その「声」をひろって書き写しているのが、この日記です。

あまりにココロのほうにばかり気をとられていたような気がしま す。

でもそれは仕方のないことで、病気以降、あまりに身体に気をつか うあまり、ココロの声を無視してきました。

僕が身体に気をつかっていることは周りにはわからなかったと思い ますが。。「身体に気をつかってます!」と宣言するわけでもありませんので。

ですので、内々にためこんでしまうこともありました。

で、ココロが悲鳴を上げたころ、この日記をはじめました。もう2 年前になります。

ココロの声を無視していたら、ココロの中に声がたまりすぎてし まったのです。

で、さんざんココロの声を聞いてあげましたので、そろそろいいか な、と。そろそろ身体とココロのバランスをとるべきかな、と。

ムカシは、身体とココロ両方の声をバランスよく聞く、などという 芸当はとうていできませんでした。でも今ならできそうな気がします。

そういう意味では僕は順調に成長しているという自負は、あります ね。

それにしても、ココロの声にはトレンドがあるようでして。。

この日記でもいろんなトピックが盛り上がっては消え、しました。

「横文字職業に対する嫌悪感」とか。。昨年なんといってもいちば ん盛り上がっていたのは宗教です。そして、エコ(に対する嫌悪感)。

他にもいろいろありました。

ビジネス、仕事関係はまた別なブログを(しかもふたつ)持ってい るので、そっち方面もトレンドがあります。

ただただ、「ずいぶんたまっていたのだなあ」と、思うのみです。 それを2年かけてだいぶ吐き出せてこれたかな、と。

そういえば、僕がこの「吐き出し」を行ってきた理由は、ココロの 奥底にある「根源的な闇」を垣間見たいがためでした。

(この「根源的な闇」というコトバも、しばらく僕のマイブームで した)

ココロの中の表層部分にある自分の「声」をかきわけかきわけ、た まっていたものを外に吐き出し吐き出しして、キレイになったときにそこに現れる風景とはなにか?

といいますか、そこには、「どこか」へとつながる「根源的な闇」 があるのだ、という結論に、僕なりに達していたのでした。

吉本ばななさんや村上春樹さんのエッセイなどに書かれている、小 説を書いてい るときに「深いところへ降りてゆく」感じになる、という、それなんですけども、その「深いところ」への入口を見たいわけです。僕には 降りていって集合的無 意識と対話する力量は(まだ)ないと思いますので。。

でも、入口だけは見てみたいのです。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示