宗教的儀式

今の日本人(オトナ)が求めているのは(そして、ゼッタイ必要なのは)、間違いなく「宗教的儀式」なんだよ。

そして、結論を先にいうと、宗教的儀式というのはイコール「ルーティン」なんだよ。

でも、今の日本人はなんやかや理由をつけてやらない。やらないヤツらには、ザマミロって思うな。やった後の世界を知らないんだから。


でもさ、そういうヤツってたぶん一生ムリなんだよね。だって「理由つけてやらない自分を何とかしてくれ!」と、他人にぶんなげてしまってるからね。自分でなんとかしようとしないから。

自分がぶんなげたものを優しく受け止めてくれて、改心させてくれて、生活習慣から直してくれる存在が、ヤツらにとっての「宗教」、すなわち「神」なんだよな。

それは、間違ってるんだけどな。

でも、ルーティンを超えたところに「宗教」、あるいは「神」があるということ(これが、絶対的に正しい)に気付くのは難しいんだけどね。

その前に、まず、自分のことを「ぶんなげない」と決めることから、なんだけど、ここのハードルも高いんだよなあ。今の日本人のオトナって実は、ほとんどこれできてないんじゃないの。
そりゃ国力も落ちるわな。


逆にいえばね、ルーティンはすべて宗教的儀式たりうるってことなんだな。
ここ、大事。

日本人はこの大事なルーティンを、すべて機械に丸投げしようとしてるんだよね。
それがけっこう、矛盾してんだよなあ。ルーティンをココロから希求してるくせにね、

機械とはいわずとも、下請けにまかせようとするじゃん。ルーティンをね。
なんかおかしいよね。

クリエイティビティもルーティン(宗教的儀式)を超えたところにあるわけだから。
ルーティンを回避したヤツにはゼッタイにクリエイティビティは「降臨」しない!これをわかってるヤツが、少ないんだよなあ。


お、だいぶ重要なこと書いたよ。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示