いつも似たような話

オレの大学の同級生とかでね。。あ、女子ね。

まあそれなりに就活して、就職して。。で27歳前後で、判で押したかのように結婚していったね。
パターンはふたつあって(ふたつしかない)大学の同級生とゴールインか職場恋愛ね。

地元の中学の同級生と、とかそういうの皆無。

でね、当然仕事は続けるわけよ。できちゃったじゃないから。

続けるんだが。。だいたい30ぐらいで辞める。それも判を押したように辞めた。
今考えるとなんでこんなに行動パターンが画一化されてるのか。。

でね、辞めた理由がね、たぶん記憶では「おめでた」じゃなくて、ていうかおめでただったら育休とるだけだから辞めはしないんだよ。
なんかね、辞めた理由が不透明なんだよ。表層的にはいろんな理由だったと思うのね。「なんか疲れた」とか(笑

でまた判を押したような話なんだけど、そっから当然、ちょっと充電して転職活動するわけじゃん。
それがなっげーの。長いヤツは数年かかってんの。

なんでオレがね、そんな昔の事象をおぼえてるかっていうとそれに対して「フザケンナ」って思ってたからなんだよ。

まんまと旦那見つけてさ、セーフティネットつくって。。(自分がやめても旦那の給料で、カツカツでも暮らしていける)
まんまとつくってから辞めて。。

辞めると、カツカツどころか失業手当もらえんだよ!まれに、雀の涙ほどでも退職金もらってるヤツもいて。。
ていうかリッチ? 成功者だろそんなの。人生のその黄金時代に働かなくていいんだからよ。

気が向いたら転職活動して。会社をネームバリューで選んで。自分のプライドにそぐわない会社は応募しない。

なんなのそれ? って当時死ぬ気で働いて育児もしてたオレからみたら不愉快に思うのは当然だった。


ただし。そういうヤツらがその後どうなったかは、オレは知らない。
オレはその頃の努力が実り今充実した人生を送らせていただいているが。。
そういう、人生でもっとも大事な?時期にある意味「サボって」たヤツらが今幸福な人生を送っているとは、どうしても思えないんだ。

スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示