「死んでも」な反面教師

オレも昔はよ~、って同じことをリピートする年寄りには死んでもなりたくないのね。

実際、30年ぐらいはそう強く思い続けている。

ま、実のオヤジがそうだったからさ。
自慢話のネタが、少ないんだよ。数個しかないから。だからリピートになる。

今現在オレはそういう人間にはなっていないが、今後ならないとも限らない。

「オレも昔は」と言い出す理由は、(その年寄りにとっての)「今」に満足してないからでしょ。

だから、オレも間違いなく今後年寄りになっていくから、その年齢年齢での楽しみを見つけて充実させていかないと。
いつも未来志向で過去は「封印」するぐらいの勢いでいいよ。だって過去の話すると自慢話ちっくになっちゃうんだもんな。誰が話しても。

なぜ過去は封印するかわかる? あのね、オレだってわかっている。「若さ」ってのはサイコーだよ。若いってサイコー。

若いからできること、若くないとできないこと、ってたくさんあるよ。でもそれが何か?
年齢を重ねないとできないこともたくさんある。そこにスポットライトをあてろよみんな、って話。

まとめると。。

昔はよかった。でも今もいい。

で何が悪いのかって。

スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示