ドラッグ

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11405601970.html
ビートルズ、ビーチボーイズ世代がドラッグにうつつをぬかしてつくった音楽たちが、仮に現代音楽の最高傑作だとするならば。

もはやノーマルな人間が作り出す音楽はそれを超えられないのか?


陸上のドーピングの話と似てるなあ。


と、その前に。

今より数百年前、モーツァルトだのベートーヴェンだのの時代は、今の時代と比べるとおそらく死ぬほどヒマでさ。ヒマってことは、それしかできないっつーか。集中するとなると異常に集中できたんだろうな。

それと、まだ近代で「現代」じゃないから、推測だけど、ビートルズ世代がドラッグでみた幻覚の世界に、現代よりもずっと近かったんだろうね。

そうでなければあんなすごい音楽たちは生まれないだろうよ。


まぁそれは日本文化でも同じなんだろうね。話違うけどたとえば芭蕉とかさ。日本地図をつくった伊能忠敬、だっけ? 間宮林蔵とか。

電車も車もない時代に生まれた文化は、現代人からみたらただの「異常」
現代であれば突然変異としか思えないような。

時代そのものが幻覚だった。と断言することはできないが。。とにかくさ「あの世」っていっていいのかわからんが、「集合的無意識」?との会話が、一般庶民であっても容易かったんだろうなあ。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示