「流行り」のものに対する強烈な意識

なんか昨今のね、いわゆる「流行り」のものに対する強烈な意識、っていうのかな、

周りとふつーに会話してて、話題が「流行り」もののことになると、「アタシ(オレ)ぜんぜん知らないんだけど!」ってムキになって語気を強めるわけ。

あれってさ、「現代人の病」ってことで整理しないとダメなような気がしてきたんだよ。

はっきりいって日常会話で微妙に迷惑こうむってんだよねオレ。オレに迷惑がかからなければ別になんでもいいんだけど。。


まずさあ、ぜんぜん知らないんだけど!とかいいつつほとんどワードを知ってんだよね?あれ、なぜ?

つーかそのさ、情報の吸収のうすっぺらさ加減って何なんだろ? 上っ面of上っ面だけおさえてどうしようっての?

っていうのがひとつと、オレぜんぜん知らないんだけど!って誰かが言い出すとやまびこのように「オレも」「アタシも」って始まるんだけど、

つまり、その「流行り」について、庶民(愚民だわな、ほぼ)はほとんど何も知らないってことなんだよ。

つまりオレ(アタシ)は流行にからめとられてないアピールをヒッシにしてるんだけど、結局誰もからめとられてないともいえるし、まんまとからめとられてるともいえる。いやね、どっちでもいいのよ。

つまり、どっちだろうがアンタは大衆と同じ動きをしてんだから安心しなよって。あんたが大衆の動きから外れることは死ぬまでないんだよ。

「人とちょっと違う」アピールをムキになってしたところで、まわりからみてイタいだけなんだよ。。って今書いたんだけど違うな、世の中ほとんどの人間がイタいわけ。

整理するとイタいヤツら=大衆(愚民)なわけだな。

意識して上っ面of上っ面だけを貪欲にゲットしようとする人間は大衆(愚民)さ。オレの定義では。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示