参加感

為末大
「楽しい人々」は参加感がある。この場所が楽しくなるかどうかは、ある程度自分たちでコントロールできると考えているのではないか。
「楽しめない人々」は、「待ちの人々」が多い。「楽しめないのは、楽しませてくれないからだ」と考えていて、どこか楽しい場所を常に探している。退屈だ、どこかに面白い事は、人はいないかと、意識がいろいろ動く。実は自分の態度によって楽しめない事には意識がいかない。
「楽しい人々」は「楽しい人々」を好みがちでそういう固まりができやすい。「楽しめない人々」といると、楽しめなさは伝染するから次第に敬遠されるようになる。そうして「楽しめない人々」の周りには「楽しませる人々」が減っていき、より楽しくなくなっていく。
楽しさの半分は状況だけれど、半分は自分の態度。何でも態度次第で楽しめるわけではないけれど、楽しめない状況では全く楽しめないわけでもない。コントロールできるんだと知るだけで、結構楽しさは変わる。

スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示