“ありがとう”と言って聞かなきゃいけない

坂東玉三郎
守田の祖父(十三代目守田勘彌)が草履の紐が解けたまま花道から出ていく役があったんですって。
それを通りすがりの端役の俳優さんが
「旦那、草履の紐、解けてますよ」
と言ったので、
「あ、そう。ありがとう」
と言って、その場で結わいて、直前に解いて舞台に出て行った。
それを見ていた養父が後で
「お父さん、なぜあそこで結わいたのですか」
と聞いたら、
「“これは解けているもんだよ”と言ったら、その人は何かあっても二度と教えてくれないだろう。“ありがとう”と言って聞かなきゃいけない」と。
そのように養父が何度も語っていたことを思い出します。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示