孔子曰く

為末大
孔子曰く「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」。
楽しむ事の強さを語っている。なるほどそうか、だから楽しめばいいんだとなるけれど、実は好きになる事や楽しむ事は実は結構難しい。
まず「好き」、「楽しさ」は「義務」に弱い。好きだったものを職業にした途端、好きではなくなる事があるけれど、仕事にはある程度、「期限」、「ノ ルマ」、「品質の保持」が求められる。「やりたい時にやる」ものが「やらなければならない」に変わった途端、好きでいるのが難しくなる。
「楽しめばうまくなるらしい。なるほどじゃあこれで僕は成功したいから楽しもう。」既にその時点に矛盾を孕む。人は直接は「好き」をコントロールできないからだ。ある目的の為に好きになろうとする時点で、既に本質的な好きではない。人は何を好きになるか選べない。陸上が仕事になり、世間の期待値が高まり、いつの間にか義務になっていった時、楽しむ為に工夫した。今日はこういう走り方をするというルール、ここまで行けば成功というゴール基準の設定。ルールとゴールを作り練習をゲーム化した。
夢中に取引は無い。条件で人を見る人は本質的には恋に落ちる事ができない。ものを裁くのをやめ、報われなくても構わないと自分を解放した時に、ようやく何が好きかがわかり、楽しむ事ができるように思う。
スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示