リレーの選手

小学校高学年で二度リレーの選手に選ばれたのね。低学年で一回、高学年で一回。

高学年リレーって確か、長かったんだよ。長いっつっても5,6年は200メートルだったかなあ。

運動会の練習って何回かやるじゃん。で、最初のほうは、先生が紅白決めるのかな?つまりさ、紅白盛り上がるように、実力が拮抗するようにチーム分けするじゃない。

でさ~オレどう考えてもその学年で一番遅いリレーの選手だったのね。ということは。。ざっくりいうとさ、トップでバトンを受け取って、オレの順で必ず抜かれる。
あるいは同着ぐらいでアンカーにバトンを渡す。そっからアンカー勝負!みたいな。

オレが学年でいちばん遅いってことは、その前までにオレのチームはトップじゃなきゃいけないわけ。そうじゃなきゃ盛り上がらないわけよ。

まあ実際はオレはビリにはならない。オレのうしろにもいて、そのチームはアンカーが学年一早いわけさ。そのアンカーが数人ごぼう抜きして、1位逆転するか!しないか!ってとこでテープを切る。
どっちが勝つかは、本番にならないとわからない。本命チームのひとりが途中で転ぶかもしれないしね。

運動会のリレーの練習で、毎日毎日、抜かれつづけるわけ!
しょーがねーんだよ、圧倒的な実力差があるんだから。でもさー、毎日「かませ犬」で抜かれ続けるのってどうよって、今になると思うなあ。

結局運動会本番でもね、シナリオ通りオレは抜かれた。けっきょくどのチームが勝ったのかなんておぼえてないけど、練習でも本番でも抜かれまくったことだけはおぼえている。

親にも、親はリレーに選ばれて喜んでいたけど「期待すんな」みたいなクギはさしていたと思う。

本番ってさ、練習にないパワーが出るからもしかして。。なんて思ったけどさ、考えてみりゃ速いヤツはもっとアドレナリンでるんだよね。アスリートだから。本番でオレだけパワー全開になるわきゃねーんだよ。

今思い返すとあの数週間でいろいろ考えることはあった。しょせん人生なんてこんなもん、みたいな?(笑)


スポンサーサイト
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示