実はかなりキツい

斎藤ひとりさんの、「人間は幸せになる『義務』がある」とかさ。楽しく生きる義務があるとか。。

あれってけっこう、キツい教えなんだよ? まったく脳天気じゃないんだよ?

そのために、常ににこにこしていなさい、常に感謝をささげなさい、っていってるわけだから。
「常に」だよ?

そして、幸せになる「義務」があるのだから「今すぐに」幸せになりなさい、ってことなんだよ?
できる?

「そう思い込めばいいんだよ、思い込むのは誰にでもできるよ」とは言うものの、それってけっこうキツいよね。
スポンサーサイト

顔にシワの多い人

顔にシワの多い人
この人は苦労が多い人です。
実は、シワの多い人は 苦労が波のように押し寄せてきます。

もちろん、シワの多い人は実に真面目な人が多い。
だから、次々と乗り越える努力をするのだけど 苦労を乗り越えるより、シワを伸ばしてください!(会場爆笑)

運勢を変えるのは難しいけど 人相を変えることは難しいことじゃないんです。

わたしもお弟子さんにやってきたことは 人相を変えちゃいなということなんです。

斎藤一人

[再録]

斎藤一人
一生懸命に「渡り鳥経営」をするんだよ。

渡り鳥は先頭の一羽がケガしたり鉄砲で撃たれたりすると、後の鳥が二羽やってきて付き添ってくれるのです。

三羽いないとVにならないですから。二羽ではV字型はつくれません。

二羽になってしまうと、渡り鳥は別のところへ入るんです。

このときは、別のグループから、「お前は仲間じゃないから入れないよ」なんてことは言われません。

渡り鳥経営っていいでしょ。

そう言うと、みんな「いい」と言う。

だけど、わかってもらいたいことがあるんです。

渡り鳥に、おんぶされている鳥はいません。 引っぱってもらっている鳥もいないんです。

私、そんな渡り鳥って見たことがないんです。みんな自分の羽で飛んでいるんですよ。

助け合いというのはもたれ合いではないんです。

みんな自分でしっかりと自分の羽で飛びながら、それで人を助ける。

それで、みんなが助けられる。もたれ合いではないんです。

また、人間はもたれ合わなければならないほど、弱いものでもないんです。

人間は、教えたり、教えられたりすれば、本当に何でもできるんです。

だから、苦しいときは人に聞いてください。

苦しみから逃れられる方法を知っている人が、このなかに必ずパンチいます。

知らないことは恥ずかしくないんです。

バラは自分にトゲがあることを恥ずかしがってはいないんです(笑い)

私にも欠点がいくつもあります。でも、それは個性です。

みんなが知らないことを私が知っていることもあるのです。

そして、私が知らないことをみなさんが知っていることもあるんです。

それを、これから、私はみなさんから教わります。

[再録][重要]真骨頂

これが斎藤ひとりさんの真骨頂ですね。

(以下、文末まですべて引用)

愛してます

ついてる

うれしい

楽しい

感謝してます

しあわせ

ありがとう

ゆるします

この8つの言葉を言ってください。ゆっくり言ってください。慌てて、何回も言っちゃだめですよ。言霊の波動ですから、これを正確に言ってくださ い。

たとえば、身内に病人がいるとか、旦那さんがお酒ばかり飲んで困っちゃうとか「この人こう変わってくれたらいいな?」

「こうなってくれたらいいな?」ってことありますよね。

その時、その人を変えようとしないでください。

なぜかというと、

あなたのそばにいる人

あなたと縁がある人

あなたの知り合い

というのは実は同じ記憶を持っているのです。『ソウルメイト』という仲間なのです。

その人を変えようとするよりもあなたが一生懸命天国言葉を言ってください。

で、あなたの前のフロントガラスがきれいに浄化されてくると自然とその人が治ってくるんです。

だから、人を変えようとしちゃだめだよ。自分が変われば人が変わると言う意味はほんとうはそういう意味なんです。

「あの人がこうなってくれたらいいな」じゃないんです。心のなかに、あの人と同じような過去世をあなたも持ってるんです。だから、それが記憶とし てでてくるんです。だから、あなたのそばに出てきたこともあなたの学びなんです。

で、「そういうことが学びなんだ」「あの人からあういうことが起きた。そういうことを一緒に学ばなければならない」ということが真我からの閃きで だんだんわかってくるんです。

だから、前のフロントガラスがきれいになればなるほど魂は成長してくるんです。

天国言葉は呪文と同じです。心でどう思ってても構わないんです。

その言葉を言えばいいんです。

これ、言霊なんです。言霊の呪文だと思ってください。フロントガラスをきれいにする呪文だと思ってください。だから、ただただひたすら言えばいい んです。言いたくなったときに言えばいいんです。1日、5回でも10回でもいいです。

「どのくらいできれいになるんですか?」

「人によって違います」

1日でなる人もいます。1ヶ月でなる人もいます。あなたの汚れがどのくらいついてるかによってです。

この汚れを我々は浄化しに来ているのです。だから、きれいにきれいに浄化しないといけないということです。

で、できるだけ物事は期待しないでやるんです。ただ浄化すればいいんです。そうすると、期待以上のものが現れるんです。

期待という執着を捨ててください。あまり期待ばかりしてやると「まだかまだか」という汚れを付けるんです。

もっとほしい

自由とオンナがほしいっていうと「自由がないんですか?」とか言う人いるけど、そうじゃないよ。オレは日本でいちばん自由だけど、もっとほしい。オレは子供の頃から本当に女性にかこまれて生きてきたけど、それでもまだ好き(笑)。「好き」って本当はそういうことなんだよ、「あるからいい」じゃないの。それは大して好きじゃないんじゃない。斎藤一人
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示