●年の孤独

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1032.html
俺達自由人(笑)は、孤独には慣れている。自由のためには孤独は必要だからねえ。

あのね、世の中にはルールをつくろうとするヒト、あるいは実際にルールをつくってまわってるヒトがいて、そういうヒトたちには最大限に警戒するかな。

だってソイツがつくったルールに縛られて生きたくないじゃんよ。

ルールを容易につくれる(あるいは、変更できる)ヒトってのは要は権力者ね。
あるいは権力者を志向する予備軍。

オレらってmyルールは堅牢なのをもってるけど他人を束縛しようとするルールなんてつくんないよ。唯一あるとすれば何人たりともオレを縛るな、っていうのがルールか。。
あ、家族は別にいいんだけど。

ていう意味では相当謙虚だと思う。他人をルールで縛ってなんの得がある? いずれ自分に返ってくるだけだ。

あ、そうそう。孤独の話に戻ると、世の中には、孤独がイヤだからという理由だけでへーきで権力志向の人間の傘下に入るヤツがいるんだけど信じられん。

信じられんのだが、それはフツーらしいんだよね。
それがフツーっていうのが信じられないから、最終的には孤独にならざるを得ないという(笑)
スポンサーサイト

離婚かー(自分ぢゃないよ)

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11888050314.html
離婚するのは別に勝手なんだけどさー(私は未経験ですが)

添い遂げられる伴侶を、人生の前半、あるいは中盤で見つけられるかどうかが、幸せな人生だったかどうかの大きな、とても大きなポイントらしいのよ。
男子も女子も!

それはみーんな、うっすら知ってる。けっこう若い世代が特に。
この「価値観」がね、押し付けられたものかどうか、なんてのはたぶんどうでもいいの。

押し付けられたと感じているから、戦後世代はこれに反抗してきたわけだろ。すなわち、たくさんの人と付き合ってから伴侶を決める、と。でもなあ、この手法には欠点があって。。

たとえば5人と付き合って、最初から2人目がやっぱりよかったなあ、じゃあ2番めの人に戻ります、なんて、戻ることができないんだよ!ほとんど。だって、戻ってみたら「売れてる」から。ほぼ100%。

アナタが気にいる相手はどこかの他人も気に入るに決まっているのだ。そりゃそうだ。

選択期間を、いつまでにするかは自由のようで結局自由じゃない。女子は30までとかさ、そういう「空気」は変わらず支配してる。

男子でオタクっぽいヤツらなんてさ、選択期間(すなわち「モラトリアム」ね)はいくらでも長くできるのに相手がいない、みたいな悲劇もあり。。


だから結局ただの運じゃねえの?みたいなね。

でもさあ、アナタが誠実に、まっすぐに、生きてたら、誠実で、まっすぐな異性に出逢えるか?どうかはわからんが、その確率は異常に上がると思うし、少なくとも誠実で、まっすぐじゃない人間は近寄ってこないんじゃねえの?

と、いうことだよ。ありていにいってしまうとまず自分磨きじゃね?みたいな。(自分「探し」じゃないからな)

あれ?何を書きたかったんだっけ。。


あ、そうそう。大事なのは、その伴侶に「合わせて」いけるかどうかだからな!
つまり自分が「合わせて」ゆく価値のある伴侶を見つけられるかどうか。

他人(いってみりゃ伴侶って他人だから)に「合わせる」覚悟って大したもんだよ。オレはけっこう歳とったけど、そう思うわ。

ただ「ビビビ」ときたから、とかじゃなくて、やっぱなんていうの?「尊敬」に近い感情?

長い期間の間には家庭がダメダメの時期も120%あるから、そんときにちょっとでも相手に対して「尊敬」に近い感情がなきゃ、ダメだろうな。


あともうひとつは相手が「育つ」かどうかなんだが。。これはホントにわからん。
言い方を変えれば「化ける」?

これこそが運。オレは相手が「化け」てくれたから助かった、ともいえる。
でもオレも化けたから。だって大卒フリーター年収200万→「25歳ハケン社員」からの今、だからね。

相手に化けてほしいんだったらまず自分が化けろ、と。お後がよろしいようで。

べつに親を超えなくとも

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11890737264.html
まわり見てて思うんだけど子供の反抗期が減ってきたとかひどくなくなったとかっていうのは親の総合的な民度が上がったからだと思うんだけどなあ。

親をちょっとでもリスペクトできるから反抗する理由がないんじゃないの。

それと子供は反抗期を経て親を乗り越えなければいけないという既成の「常識」を疑ったほうがいいんじゃないの。

それってまさに教科書の文言そのままじゃん。
世の中、つーか子育てってもう少し複雑になってきてないか?
そんな一言でくくれるのか?

「便」利

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11888621240.html
何度も繰り返しになるけど、もっとも重要な健康法のひとつは、自分の身体の内側から発信される「便意」にしたがってあげることだ。
特に、「大」。

詳細は、どっかに書いたんだが。。エンジニアライフだったかな。

ホント、ないがしろにされてるよなあ、と思う。こんなカンタンで大事なことが。いや、ていうかね、便意こそがプライオリティNo1だということに気付いてない人がほとんどなんだろうね。

便意最優先にしてみなさいって。人生変わるから!

3歳ぐらいまでの育ち方で人生のエンディング決められてたまるか

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1019.html
自分の人生、特に習慣は、自分でどうにでも変えていけるわけで、そういう意味では人生の結末なんて決まってるわけないじゃん、と思う。
決まっているのは必ず死ぬことだけであって(あれ?という意味では決まってるかぁ~?w)。

決まってるのは所与の。。なんていうの? たとえば自分は男である、とかさ、東京都○○の○○病院で生まれた、とかさ。
誰と誰の間に生まれた、とかさ。
そんなの、変えられないのはアタリマエだよね?
それから、物心つくまでの状況も、変えられない。子供には、変えられない。

ここまで、3歳ぐらいまでの育ち方で人生のエンディング決められてたまるか!!!(怒)
ここまでで「ほとんど」人生が決まる、とかフザけたことぬかしやがる教育の本とかあるからさー


物心ついてからオトナになるまでは、オトナ(ほぼ親)の出番。親が、その子が幸せになるためにいろいろ腐心する。
精神的なよちよち歩きだわね。
ここぐらいから、変えられるよ。本人が意識するかどうかはおいといて、どうやって変えるかっていうと、親に影響を与えるわけ。
いろいろな方法で。それは反抗かもしれないし甘えるという手段かもしれない。
オラ東京さ行くだ、と強硬に主張して、多くの田舎の若者は自分の人生を変えてきたわけだろ?


まあそれはいいんだけど。今日書きたかったことはね。。
なんかしんないけど、「サイアクのエンディング」は決まってるようなんだよね。まぁたとえば交通事故死とか?
いや違うな。なんていうんだろ、交通事故死ってあまりに汎用的じゃん?

そうじゃなくて個別に、その人に起こりうるサイアクの状況、とでもいおうか。。
何も努力せず、怠惰に生きたらどうなるか、ってさ、みんな、うっすら想像できない? オレはできるけど。。

サイアクのビジョンって、誰でもイメージできるんだよ。でもそれって嫌じゃん? だから生活習慣を変えるわけ。
変えなければいけないわけ。

わっかるかなー
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示