[引用]獨楽吟

[引用]獨楽吟
獨楽吟    橘 曙 覧 

たのしみは草のいほりの筵(むしろ)敷(しき)ひとりこゝろを靜めをるとき

たのしみはすびつのもとにうち倒れゆすり起(おこ)すも知らで寝し時

たのしみは珍しき書(ふみ)人にかり始め一ひらひろげたる時

たのしみは紙をひろげてとる筆の思ひの外に能くかけし時

たのしみは百日(ももか)ひねれど成らぬ歌のふとおもしろく出(いで)きぬる時

たのしみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭(かしら)ならべて物をくふ時

たのしみは物をかゝせて善き價惜(をし)みげもなく人のくれし時

たのしみは空暖(あたた)かにうち翎(はれ)し春秋の日に出でありく時

たのしみは朝おきいでゝ昨日まで無(なか)りし花の咲ける見る時

たのしみは心にうかぶはかなごと思ひつゞけて煙草(たばこ)すふとき

たのしみは意(こころ)にかなふ山水のあたりしづかに見てありくとき

たのしみは尋常(よのつね)ならぬ書(ふみ)に畫(ゑ)にうちひろげつゝ見もてゆく時

たのしみは常に見なれぬ鳥の來て軒遠からぬ樹に鳴(なき)しとき

たのしみはあき米櫃に米いでき今一月はよしといふとき

たのしみは物識人(ものしりびと)に稀にあひて古(いに)しへ今を語りあふとき

たのしみは門(かど)賣りありく魚買(かひ)て煮(に)る鐺(なべ)の香を鼻に嗅ぐ時

たのしみはまれに魚煮て兒等(こら)皆がうましうましといひて食ふ時

たのしみはそゞろ讀(よみ)ゆく書(ふみ)の中に我とひとしき人をみし時

たのしみは雪ふるよさり酒の糟あぶりて食(くひ)て火にあたる時

たのしみは書よみ倦(うめ)るをりしもあれ聲知る人の門たゝく時

たのしみは世に解(とき)がたくする書の心をひとりさとり得し時

たのしみは錢なくなりてわびをるに人の來(きた)りて錢くれし時

たのしみは炭さしすてゝおきし火の紅(あか)くなりきて湯の煮(にゆ)る時

たのしみは心をおかぬ友どちと笑ひかたりて腹をよるとき

たのしみは晝寝せしまに庭ぬらしふりたる雨をさめてしる時

たのしみは晝寝目ざむる枕べにことことと湯の煮(にえ)てある時

たのしみは湯わかしわかし埋火(うづみび)を中にさし置(おき)て人とかたる時

たのしみはとぼしきまゝに人集め酒飲め物を食へといふ時

たのしみは客人(まらうど)えたる折しもあれ瓢(ひさご)に酒のありあへる時

たのしみは家内(やうち)五人(いつたり)五たりが風だにひかでありあへる時

たのしみは機(はた)おりたてゝ新しきころもを縫(ぬひ)て妻が着する時

たのしみは三人の兒どもすくすくと大きくなれる姿みる時

たのしみは人も訪ひこず事もなく心をいれて書(ふみ)を見る時

たのしみは明日物くるといふ占(うら)を咲くともし火の花にみる時

たのしみはたのむをよびて門(かど)あけて物もて來つる使(つかひ)えし時

たのしみは木芽(きのめ)煮(にや)して大きなる饅頭(まんぢゆう)を一つほゝばりしとき

たのしみはつねに好める燒豆腐うまく煮(に)たてゝ食(くは)せけるとき

たのしみは小豆の飯の冷(ひえ)たるを茶漬(ちやづけ)てふ物になしてくふ時

たのしみはいやなる人の來たりしが長くもをらでかへりけるとき

たのしみは田づらに行(ゆき)しわらは等が耒(すき)鍬(くは)とりて歸りくる時

たのしみは衾(ふすま)かづきて物がたりいひをるうちに寝入(ねいり)たるとき

たのしみはわらは墨するかたはらに筆の運びを思ひをる時

たのしみは好き筆をえて先(まづ)水にひたしねぶりて試(こころみ)るとき

たのしみは庭にうゑたる春秋の花のさかりにあへる時々

たのしみはほしかりし物錢ぶくろうちかたぶけてかひえたるとき

たのしみは神の御國の民として神の?(をしへ)をふかくおもふとき

たのしみは戎夷(えみし)よろこぶ世の中に皇國(みくに)忘れぬ人を見るとき

たのしみは鈴屋大人(すすのやうし)の後(のち)に生れその御諭(みさとし)をうくる思ふ時

たのしみは數ある書(ふみ)を辛くしてうつし竟(をへ)つゝとぢて見るとき

たのしみは野寺山里日をくらしやどれといはれやどりけるとき

たのしみは野山のさとに人遇(あひ)て我を見しりてあるじするとき

たのしみはふと見てほしくおもふ物辛くはかりて手にいれしとき
スポンサーサイト

カンペキでなくともよい

カンペキでなくともよい
100%ではないようにしとく、っていうのもひとつの健康法なわけです。

何かを、カンペキにできる、あるいはできている、というのはかなりのプレッシャーだから、どんどんオリてゆくべきだと思います。他人というのは勝 手なもので、誰かがとある分野で「カンペキ」とみえたらそれを維持することをのぞみます。できる人間に対するプレッシャーのほうが(当然)大き い。

とあることを、95%ぐらいできていれば、もう十二分でしょう? 対外的にも。

そういうの(自分は「失敗できない!」みたいな)で人生縛られてはたまりません。

[重要]ここ数年を振り返って(2)

ここ数年を振り返って(2)
40代にさしかかってしばらくした頃から、あれ? 自分は人生への不満がほとんどないなあ、ということに気付いたのです。

もっとも大きいのは、年収。

が、上がったのではなくて、「まぁ質素ではあるが家族で生活もできてるし、このぐらいでいっか」と思えるようになったこと。

ここの「こだわり」が氷解さえすればあとはぜんぶ小さいこと。「もっと!もっと!」と(収入について)自分を追い込むのをやめたこと。


次に大きいのは、引越し。

前の団地住まいも僕だけは不満はなかったのですが、やはり家族には。。(狭)

というわけで、僕ら一家は住み慣れた、心地よい団地を出、以前より「ひと部屋多い」マンションに引っ越したのでした。

引越しプロジェクトを何とか完遂させたら、ますます不満が減りました。

「不満」というよりは、「心の中のネガティブ要素」というか。

僕は団地の間取りで満足していたわけだから、そこにさらに一部屋増えたわけですから「広くなった 幸せだなあ。。」と。

家内は「家を買いたい」なのでしょうけど。申し訳ないけどそう思っているうちは一生幸せにはなれないでしょう。。

不満が減ったことは、それはそれで悪いことではないのですが、

かなり不安にはなりました。「あれ、これで上がり?」という。。

でもそれは「杞憂」だということが、考えなおしてみてわかりました。

その境地に至ったのは、つい最近。

この時点で「上がり」であっても、人生は続くのですね。どこまでもどこまでも。死ぬまで。

人生のそれぞれのマイルストンでやりたいことや、「こうありたい」というのは残っているのです。

僕がたとえば40歳でやるべきことをやってしまったとしても、50歳でやるべきことは残っている。

あたりまえです。50になっていないのだから。

それぞれの世代でかっこいいオトナになりたい、という思いは未だに強いのです。

上がって終わりではなく上がって次の始まり。

と、いうことは、次を始めるためには都度上がらなければならないんだ あ。

節目節目で「上がらない」人はタイヘンだなあ、と。よくわからないけど「いつ死ぬんだろう?」みたいな。

天国のふもと

天国のふもと
こないだ子供とお風呂に入っていたときに自然と口についた言葉で。。

人は死んだら、「天国のふもと」にいくんだよ、と子供に教えました。

地獄ではない。天国の上のほうでもない。われわれふつうの人間は死んだら天国のふもとで、またふつうに暮らすんだよ、と。


これは自分にいってるのかな、天国のふもとで十分でしょ、と。

本を読むことが身体性を獲得している、といいますか

本を読むことが身体性を獲得している、といいますか
昔々

たとえば昔は、本ばっか読んでるガリ勉君、マジメくんは身体性があるとはみなされなかった。外で遊ばないタイプ。

でも、今の時代昔のガリ勉くんはゲームやってます。同じ外で遊ばないといっても。

なので、

本を読むことが「身体性」を含んでいることにいつの間にかなっていた、と。いつの間にか「格上げ」されていたのです。

ヴァーチャルリアリティの登場により。


この話は重要なのですが。。僕のボキャ不足でうまくふくらませられなそうなので寝かせておきましょう。
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示