[再録]

鈴木大拙
本当の宗教の体験の上から云うと、阿弥陀さんは、あるから信じるのではなくして、信ずるからあるのです。信ずることが出来るから在るのです。その絶対の受動性の中に這入ってくるから信ずるのです。受動性のものに動的性格が出てくるから、そこに一種の信なるものが出るのです。そうでなくて、 単に理論の上からのみ詮議立して、そういうものがなければならないから、信ずるというのでは、真の信ではないのです。それは知識という範囲をはなれぬのです。
スポンサーサイト

「鈴木大拙の風光」

「鈴木大拙の風光」
鈴木大拙の風光 大谷大学講師 別宮(旧姓 岡村)美穂子(べっく みほこ) 京都大学名誉教授 上田閑照(しずてる)
(略)

金光寿郎(ききて):  こわい人じゃないんですか。

別宮:  私はこわくはなかったんです。厚かましいからでしょうか。「こわい」という人もいますけれども。

上田:  さっきの話もそうですが、一つ質問を受けて、「大切なのは人の心を知ることじゃない。自分の心を知ることだ」と。そういう時に出てくる智慧の働きですね。実に鋭い。しかも、それは単に智慧の働きではなくて、それによって、ほんとに相手に真実を知らせるわけですから、大きな意味では慈悲の働きでもありますね。怖いという話ですと、先生が途中で日本に帰って見えた時、学習院で先生が教えた人たちが先生を迎えて、一晩一緒に過ごされたことがあるんですね。その時に、ある人が先生に、「アメリカで禅の話などして分かるんですか」と、先生に聞いたんです。その時は間髪を入れず、「君たちは分かるかね」と。
先生は「こわい人」ではないですが、機に応じた働き、これは「こわい」どころではなく実に鋭いですね。

金光:  それはそうですね。

上田:  これも本当に智慧の働きだし、それは怖いと言えば怖いんだけども、そのことによって、本当のことを先生は言っておられる。それが本当だということがみんなに分かるわけです。先生は、アメリカで、日本人とか、東洋人だけにしか分からない話をされたわけじゃないんですよ。さっき岡村(別宮)さんがおっしゃったように、人間であれば誰でも、ただその人たちが気が付いていないところ、そこを「それだ」と。 

金光:  そこのところなんでしょうね。例えば、フロムさん(Erich Fromm:社会思想家、精神分析家:一九○○ー一九八○)が、ヘリゲル(Eugen Herrigel:ドイツの哲学者で東北大学で教えていた。滞日中、弓道を学ぶ。:一八八四ー一九五五)さんの『弓と禅』(原文ドイツ語、一九四五年)を読んで、「弓のような武器がなんで禅と関係があるのか」ということで、非常に興奮して先生に質問したら、先生は、 

別宮:  「そういうふうに思っているあなたは誰ですか」。興奮して「弓と禅とが、どうして交わっているのか」と質問するフロムさんに対して、「それを言っているあなたはどなたですか」とおっしゃったんです。

金光:  そこで、「聞いている人の自分自身の問題に気付きなさい」という形でのお答えを出していらっしゃるわけですね。

(以下略)
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示