[再々録]継続

継続
糸井重里さんが、ご自身の「ほぼ日刊イトイ新聞」のコラムで素晴らしいことを書かれています。
(何月何日付けかは忘れてしまいました、すみません)

・しっかり継続する、というのは、
「ただそれだけじゃないか」と思われがちなのですが、
ほんとうに「ただそれだけ」です。
しかし、「ただそれだけ」だからやってごらん、
と言われて、言われた人が
かんたんにできることじゃぁありません。
『ブタフィーヌさん』連載が1000回を迎えたこと、
「ただそれだけ」なのかもしれませんが、
うれしい、たいしたことです。
いいですか、その間に、大病もしなかったのです。
もちろん犯罪を犯したりすることもなく、
自棄っぱちになって逃げ出したこともなく、
お話を考えたり、色をつけたり、送信したり、
じぶんでながめたりを続けてきたということです。
うん、「ただそれだけ」ですよね。
「ただそれだけ」なのだけれど、
その「ただそれだけ」を、やってこられたことについて、
ちょっと自信を持ってもいいかもしれない。
ぼくは、強くそう思っています。
悲しくて、なにもしたくない日があっても、続ける。
悲しい日なんかないように暮らしながら、続ける。
どっちも、なかなかたいしたことです。
(引用おわり)

何かを、1日続けるのは100%できます。
これが3日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年。。
という感じで時を経ると、続けられる人間は何パーセントになってゆくのでしょう。

たとえば、半年続けられる人間が10%であるとするならば、それは僕らが学生の頃経験した「偏差値社会」においては十二分に、一流大学に入れる偏差値ではないですか?

続けられるヒトは「選民」であるといってよいのではないかと、強く思うのです。

僕自身は、いろいろなことについて「平日のみ」とか「土日のみ」なら続けられる自信があるのですが、毎日というのはなかなか。。ムズカしいことです。

でも、「平日のみ」でもだいぶマシかとは思います。

でも問題は、イチロー選手も言っているように、こだわるべきは打率よりも安打数なのですね。

7日中5日実践するのを何週間続けたか、ではなくて、しつこくしつこく、それを何回続けたか、が大事なのです。
スポンサーサイト

[再録]イトイ新聞

葉っぱをお金に変えた人。

(略)ちょっと慎重すぎるくらいの付き合い方をしちゃうんですよ。なんていうんだろう‥‥「人間って意外に怖いもんだ」っていうことをぼくは知ってるつもりなんです。で、その人間の中には、自分も入っている。根本的にぼくは、自分を信用しきってないですから。「欲」については、自分だって危なっかしい。

(略)

だから、自分を危なっかしく思う分量くらいは、他人にも疑いの目を向けさせていただこうと(笑)。「信じることができないあなたは悲しい人だ」と言われるかもしれないけれど、信用しきったおかげで両方もろとも死ぬのはいやですから。

(略)

疑いを持たずに愉快な話だけを信用して、「信じたいんです!」なーんて言ってる自分は、もう、隙だらけですよね?

(略)

この前、ちょっと短い文章を書いたんです。「選挙に立候補しないか? と誘われるのは、その人に隙があるからだ」っていう文章を。つまり、横尾忠則さんとか、赤瀬川原平さんだとか、ぼくが付き合ってるおもしろい人は、そういうことに誘われない人ばっかりなんですよ。で、ぼくは一度だけ誘われたんです。そのときは隙があったんでしょうねぇ。

(略)

結局、声をかけてきた人に一度会って、「なんてくだらないやつだ」と思われて、二度と会わないことになったんですけどね。でも声をかけられたときに、悪い気がしてなかったんですよ、おれ(笑)。

(略)

誤解のないように言っておきたいのは、ぼくは政治全体を否定しようっていうんじゃないんです。ただ、自分の身の丈ではないと。身の丈じゃないのに誘われるのは、やっぱり隙があるからなんですよ。

[再録]イトイ新聞

イトイ新聞
葉っぱをお金に変えた人。
糸井 このところなぜか、山登りについてずっと考えてたんです。で、最近、大発見したことがあるんですよ。

(略)

ぼくは、富士山の火口は、その写真を見ています。もっと言えば、エベレストの山頂から「頂上ですー!」っていうテレビの放送も、見たことがあるんですよね。なんだか、気持ちのどこかで、「おれ、そこに行ったことあるよ」に近い感じになっていたんです、自分で。

(略)

登ったことのある人が、「皆さんに」って言いながら、映像を見せてくれたり、写真を見せてくれたり、苦労話を聞かせてくれたりすると、ぼくらはあたかもエベレストに登った経験があるように思ってしまうんです。

本当に登った人じゃないと、わからないでしょう? ヘリコプターで登った人もそうです。歩いて登った、その途中はわからない。

(略)

ヘリコプターで登っちゃった人は、やっぱり「得てない」んですよ。

(略)

うーん‥‥。1から考えるっていうのは今、人がいちばん苦手なことなのかもしれない。

(略)

「8合目までヘリで行かせてください」って言っちゃうんですよ。正直を言うと、ぼくもそれをやったことがあるんです。

(略)

8合目まで誰かに助けてもらったことは、たいていの場合、うまくいってませんね。で、逆に自分ではっきり1からやったことは、ほとんどうまくいってます。
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示