本当の健康法とは

本当の健康法とは
 本当の健康法とは、最初に結論を申し上げれば、たぶん「生き残っているもの」なんですね。

 スパンとしては「(最低でも)数十年」でしょうね。現在星の数ほど出まわっている健康法は、残っているようにみえてもまだまだ日が浅いかもしれません。淘汰を待つ必要があります。

 昔からの健康法だから正しい、最近ぽっと出だから正しくない、とすぱっと切り分けることはできません。医療技術等の進歩により、最近やっと分かってきたことは、たくさんあります。

 ただし、新しいノウハウもたくさん生まれていますが、技術や医学が進化した結果として「やっぱり先達の叡智は正しかった」という結論になることも、たくさんありますね。



 例えば、反対意見がほぼ皆無のもの。有無を言わせないもの。以下のような。

早寝早起きする
野菜を食べる
日光にあたる
朗らかに暮らす

 これらに対して、反論はあるのでしょうか? 上記の4項目に対して、「~すると、不健康になる。なぜなら~」と、証明できる方はいらっしゃいますか?

 21世紀に入り、これらはますます「鉄板」になってきているような気がしますね。と考えれば、多くの方は、「何が正しいか」は分かってきているのです。それをやるかやらないか、だけの話で。



 昔流行った、若い人たちの「自分探しの旅」においては、彼らは成人しても「何が正しいのか」が分からないままである、といいますか、若さゆえにそれがおぼろげであるがために、それをはっきりさせるために「旅」に出るわけです。ということは、それが分かりさえすれば「旅」は終わりを迎え、若者は正しい方向へ向かって邁進するようになります(邁進したくなくとも「旅」が終われば、進まざるをえなくなる)。

 ところが、最近「自分探し」が流行らないのは、(ここからは私見ですが)「旅」に出る必要がないからなのです。「何が正しいのか」の答えはカンペキに世の中に出揃ってしまっています。(「情報」として)しかも、答えは1つではなく、人それぞれに用意されるものであることすら「世の中」は分かっています。

 極端にいえば、ググれば出てきます。



 というわけなので、クレバーな若者にとってはこんなカンタンな世の中はありません。「自分探し」のプロセスをすっ飛ばして、ショートカットで「何が正しいか」を認識し、それに向かって爆進してゆきます。最近の若者をみていると、たまに「とてつもなく頭がキレる」人がいますが、そういう人は迷いなく、世の中が用意したショートカットに最初から素直に乗っている人です。

 最近のスゴい若者は、ひと昔前のスゴい若者より相当スゴいですよ。まぁオールドタイプな方々は「苦労が足りない」とかぼやくのかもしれませんが、本当に「レールに乗って」爆進している若者に「苦労」という名の置き石は必要なのでしょうか? 爆進するのを邪魔せず、そのままはるか彼方まで突っ走るのを暖かく見守ってあげれば、よいのではないでしょうかね。



 でも、そういう選ばれた若者はほとんどいませんので……。最近の「普通の若者」は、「(自分なりの)何が正しいのか」の答えがはじめから用意されているがために、「分かっていても、やらない」状態に陥ります。

 ひと昔前の若者は、世の中が半端に複雑だったがために「(自分なりの)何が正しいのか」がよく分からず、それを明確にする作業が必要でした。ですので、ある程度苦労をして「何が正しいのか」がわかったならば、それを大事にしました。

 現代は、世の中がさらに加速度的に複雑になったがために、逆にそれのカウンターとしてこの世の中を生き抜くための「答え(模範解答)」もそのへんに転がっています(いわゆる「マニュアル」とよばれる類のものです)。先ほど書きましたとおり、模範解答は1つではなく、多岐にわたり用意されていますので(「余計なお世話」といってよいぐらいに!)、若い人たちはその中から自分に合うであろうものをチョイスするだけです。

 そのへんに転がっているがために、今の若者は、大事にしないのです(「石ころ」扱い?)。

 大事にしないがために、たくさんの選択肢があるのに、チョイスに失敗したりします。



 で、やっと「健康法」の話に戻りますが……。

 「何が正しいのか」はもはや誰もが分かっている。でも、ほとんどの人はやらない。ので、「なぜやらないのか?」を考えなければなりません。

 私もよく若い人に口癖のように言いますが「分かってんならやればいいじゃん!」というのは、もはや愚問になってきています。

 「分かってる」イコール「やれる」(スタンバイOK!)状態ではないのです。



 私が、とても不思議に思っているのは……「『何が正しいのか』はもはや誰もが分かっている。でも、ほとんどの人はやらない。」ここまでは分かるのです。が、正しいことを分かっているのに、「正しいらしいこと」に手をつけるのが、分からないのです。

 例えば、上述した鉄板の健康法が正しいと頭の中では理解しているにもかかわらず、なぜかみのもんたの番組にそそのかされて(失礼!)「毎日バナナダイエット」に走ってしまうとか……。

#すみません、実はみのもんたさんの番組はみないので、てきとうに印象で書きました

 正しいことを分かっているのに、天邪鬼に、「正しくないこと」に手をつけるのなら、分かるのです。なぜなら、それは「人間だから」。「テストの前日になぜか押入れの中に埋もれていたマンガを引っ張りだして全巻読んでしまう」理論で説明できます(笑)。

 健康法の話に引きつければ、正しい健康法は分かっているのに〆のラーメンは欠かさない、とか、夜中に焼肉を食らうとか。反動で「そっち方面」に走るのは、すごくよく分かります。

 でも、「正しいらしいこと」に手をつけるのが、私に分からない。それは、明日数学のテストなのに理科の勉強を徹夜でやるようなものです(ゼッタイ、やらなかったですよね!)。

 いっそのこと何もやらなきゃいいのに……。
スポンサーサイト

心について(4)身体を作り変える

心について(4)身体を作り変える
タレントさんはデフォルトで容姿、外見が突出しているわけですから、彼らの人間関係における緊張感は、私たちの想像を絶するものがあると思われます。

 例えばお笑いの方とかで、外見が普通であっても(失礼)、彼らは「有名になる」というモチベーションをベースとした言動でもって、実際にお茶の間の有名人になり、「なんだあいつちやほやされやがって」と庶民の嫉妬心に火をつけ、結果、人間関係に極度の緊張感を発生させます。

 でも、彼らは望んでそうしているのです。

 やっかいなのは、きわめて強く望んでいるにもかかわらず、そのことに気付いていないことがあることです。例えば、有名になりたいからタレントになっているのにもかかわらず、一方では「そっとしておいてほしい」などと発言したりするわけです。本気でそっとしておいてほしいのであれば無名のままでいるべきなのですが、そうしないのは、自分の自尊心を満たすことが最優先課題であるからです。

 つまり、常に心が安定していない。彼らは有名になって心を安定させたかったのにもかかわらず、有名になって心が安定することは絶対にありませんし、無名に戻ったとしても無名のときに心を安定させる術を見つけられなかったのですから、結局同じです。彼らは高い確率で、一生涯「気づき」を得ることはありません。

 いずれにせよ、彼らは極限の人間関係を漂流してゆくのが仕事でもありますので、芸能人の不祥事とかよくゴシップになりますが、それは分かるような気もするのです。彼らの世界は、われわれとはちょっと違う。デオドラントを装ってはいますが、彼らはこれまでもこれからも、カタギではないのです。



 さて、何回も書いてきた「マッチョな男性/プロポーション抜群の女性」のたとえですが、加齢とともに外見勝負からうまく「い~ち抜~けた」するために、具体的にどうするか?

 前回は「内面からにじみ出てくる真の外見を、磨かなければなりません。」と書きました。

 まず、外見勝負とは別な方向性を見つけよう、と強く思うことです。つまり「変わろう」と思うこと。

 重要なのは、ゴールを最初は具体的にイメージしなくともよいのです。ゴールは最初はみえないのが当然。方向性は自然と定まってきますので安心していて構いません。

 まず走りだすこと。



 さて、具体的にどう走りだせばいいのか?

外見をキープするために、内側をケアする(という意識)
内側へのケアを意識しながら外見を改める

という表裏一体のアプローチが必要です。

 1.は、外見をキープするためにまず外面を気にする(のが当たり前でしょ)という一見正論と思える考え方から脱却するということです。外見をキープするためには、まず内側をケアすることが最優先であると信じること。

 結局、「内側をケアする」とは食生活とライフ・スタイルを改めること、および嗜好品を減らすことです。言葉で表すのはカンタンですが、私はこの連載においてほとんど具体的手法を示しておりません。なぜなら、ここで私が登場する隙はどこにもないからです。食生活とライフ・スタイルを改めるための手法は、もう出尽くしているといってよいでしょう。われわれは先達が示してくれた手法から、自分に合うものをセレクトするだけですので、非常に恵まれているといってよいでしょう。

 内側を集中的にケアしてゆくことで、ある程度外見もキープできるのですがその1つの例としては、以前書きましたがお肌にハリ・ツヤが出るとか顔色が良くなるとか、そういう方面も重要です。

 内側をケアするといってもなかなか、成果が目に見えないためにくじけそうになってしまうので、ほんの少しでも外見のほうに(良いほうに)変化があったか? を気にして、それを励みにしてゆく必要がありますね。



 2.「内側へのケアを意識しながら外見を改める」については、補足が必要かと思います。

 「内側」とは心身の「心」も含みます。

 始めから結論を先に書きますが、「外見を改める」とは

姿勢をよくする
笑顔(自然な)

 これだけです。(まずは)

 外見は、「良い姿勢&自然な笑顔」でカンタンに変えられます。男女ともかなりイケてきます。「マッチョ&プロポーション(デフォルト日焼け)」を信仰している方々は信じられないかもしれませんが、これだけで周りの評価が大きく変わってきます。

 確かに、専門的にトレーニングジム等で身体(外見)を「作り込む」のとはまったく違うアプローチですが……前者は天然せっけん、後者は合成洗剤という感じでしょうかね。



 「良い姿勢&自然な笑顔」というのも、書くのはカンタンですが継続するのはなかなか難しいものですね。ですが不思議なことに、これだけで「内側」すなわち、内臓もケアできますし、「心」も磨かれてくるので、相乗効果となります。

 「マッチョ&プロポーション」は、内臓には負担をかけるばかり。「心」については快を与えるかもしれませんが、これは幼児に甘いものばかりを与えるようなもので、栄養はありません。



 実は、1.「外見をキープするために内側をケアする」(食生活とライフ・スタイルを改めること、および嗜好品を減らすこと)をうまく実践すると、自然と姿勢もよくなり、笑顔になってきます。

 まとめると、1.を実践すると2.もいずれ実現される可能性が高まります。2.を実践すると1.と同様の効果が(ある程度)期待できます。

 1.2.ともに並行して進めるのが理想なのですが、結局どちらから始めてもよいです。なぜなら、どちらか片方から始めても、それが軌道にのれば自然と両輪で進んでいくからです。



 うまくゆけば、どんどんナチュラルな外見になってゆきます。ナチュラルな外見というのはわかりづらいかもしれませんが、人工的に作りあげた外見ではない、ということです。かつ、無頓着でもありません。例えば、人工芝の、手入れ不要の庭でもなく、草が伸びるにまかせて手入れをしていない庭でもなく、うまく手入れがされ、自然とも調和がとれている庭のことです。

 ナチュラルな外見の方は人工的につくりあげた外見の方よりも魅力的です。と私は強く思いますし、そう思わない方もいるでしょうが、ビジネス・シーンでは前者が魅力的ということで間違いはないです。

 と、いうことは、ビジネスマンでジムで身体を「作り込んで」いる人は間違っているということになります。(ただし、ジムで身体を「メンテナンス」しているのであればOKです。このへんの違いが微妙なところではありますが……)



 例えば、「人工的」からナチュラルな外見にシフトしてきた方がいたとして、どこかで、あ、今の自分の方がいい!(今まではムリしてた……) と思う瞬間がきます。その瞬間に到達するまで自信が持てなくてけっこうタイヘンなのですが(そして多くの方が挫折します…)、そこを通過しさえすれば、自分に対する自信が急上昇で上がってゆきますし、「心」も安定します。

 外見を人工的にキープすることにより「心」を安定させ続けるのと、ナチュラルな外見にシフトして自然と「心」が安定してくるのとでは、「心」の安定度も、メンテナンスのし易さも、かかるお金も、すべてにおいて段違いに後者がおすすめです。

 ですので、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、頑張っていただきたいと思います。

心について(3)

心について(3)
 何回も例として引いていますが、「マッチョな男性/プロポーション抜群の女性」は、なぜその体型/外見を維持するための努力を怠らないかというと(そういう方々が、自分はぜんぜん努力はしていない、というのは100%ウソです)自分の「心」を安定させるためなのですよね。

 他人の評価や賞賛がモチベーションとなり、それにより自尊心が満たされ、心が安定する、と。

 もちろん、ナルシシズムもあります。努力により自分が理想として描く外見に近づいていくわけですから、こうありたいというイメージに自分を近づけていく行為は、自己実現のプロセスそのものです。自己が実現される、あるいはされていく過程で当然、「心」は安定しますよね。



 前回は、その努力の「努力量」を変えずに、別な「心」を安定させる手法を模索し、それを実現させる方向に努力をふり向けてみましょうよ、と書きました。

 男子であればマッチョにならなくとも、女子であればプロポーション抜群でなくとも(しつこいようですがあくまでたとえ、メタファーです)、他人から賞賛を受けることのできる「場」はありますし、ナルシシズムを満たす自分なりのやりかたも必ず見つけられます。

 ただし、本人が別なものを見つけようという意志を強く持つことができれば、という前提ではありますが。



 方向性を変えていかなければならない理由が2つあります。1つ目の理由は、年齢ですね。加齢とともに、我々は自分をどのように見せていくかというスタンスを変えていかなければなりません。否が応にも、外見は変わってゆくわけですから。

 女性は、そして男性の多くも、加齢により外見が変わってゆくことを「衰え」と表現します。それを「間違っている」と断定はいたしませんが、私は悔しいのそのように考えたくありません。我々は加齢によって、ますます輝けるはずなのです。あるいは「味が出る」とでもいいましょうか。

 そういう意味では、上っ面の外見勝負からは今すぐにでも「い~ち抜~けた」しなければならないのです。「若ければ若いほど良い」などという評価基準はこちらから願い下げ(笑)しないと……。



 なお、この話の前提として、自身の外見をどう見せてゆくか、というのは、加齢とともにより一層、「戦略的」かつ「総合的」に考えていかなければならないことだと私は考えております。特に男性(この業界の)は。上っ面ではなく、内面からにじみ出てくる真の外見を、磨かなければなりません。

 なぜなら、歳を重ねるごとに我々が活躍するステージは変わってゆきますので、周りの人たちの人間をみる目も肥えてくるからです。いい歳こいて上っ面だけつくろったところで(言い方は悪いですが)、すぐ見抜かれます。若い頃は、周りも自分も人間的に厚みがないので双方上っ面だけでもよかったのです。

 とはいえ、上っ面だけでもつくろう気持ちがあるのであれば、実はかなりマシなのですが……いわゆる「ずぼら」(最低限の「身だしなみ」すらもアヤしいような)は、特に歳をとってからはかなり損をします。天然でずぼらなのであればけっこう微笑ましいのですが、「男は(あるいは、「エンジニアは」でも可)外見じゃない」というポーズを盾に、逃げ続けている人は正直目もあてられませんし、当然心も安定してゆきません。

心について(2)

心について(2)
 前回、「ムリをせずに自身の『心』を定常的に『快』にする方法を、探してゆかなければなりません。」と書いたのですが、よく考えてみれば、これはもう人間の最終目的といってもよいのではないでしょうか?

 世の中の多くはこのことを目標とし、結果としてさまざまな戦争を起こしているのですから、皮肉なものですよね。

 そして、心を定常的に「快」に保つことができるのだとしたらそれは「健康生活」そのものです。ですのでその方法を探ることはこの連載の究極の目的である、ともいえるでしょう。

 なのですが、「人間の最終目的」という壮大な命題について、たかだかこの連載では結論は出そうにありません。でも、ある程度の示唆を与えることは、できるかもしれません。



 自身の心が定常的に「快」である、ということは、言い換えれば常に「すがすがしい」ということです。すがすがしい状態を日常生活でおおよそ保つためには、身体であっちが痛い、こっちが悪い、という状態が慢性的に続いていてはいけません。身体の外科的/内科的ケアはある程度、済ませておくことが前提になってきます。ただしカンペキである必要はなく、ある程度の軽い症状であれば精神論(良い意味での)でカバーできます。



 特に、主要な内臓のどこかが慢性的に悪いと、「心」が安定しません。とはいっても内臓の疾患が完治したらそのまま「心」が安定するかといえばそうでもないのですが……。

 「心」というのはそんなに単純なものではないのです。身体(内臓含む)が物理的に健康で、正常に稼働していれば、「心」が安定する可能性が極めて高くなる、ぐらいに考えておけばよいと思います。

 逆に、なんとなく心が安定しないなあ、という自覚があるときには、原因を外側(人間関係等の外的なストレス)だけに求めず、内臓も疑ってみるのも1つの手です。それはそのまま、生活習慣の見直しにつながっていくのですが。

 そして、内側がカイゼンされると不思議なことに外側の関係性もあわせてカイゼンされてゆくのです。この事実についてはいろいろな方が本を出したりしていますので詳しくは述べませんが、そういうことは往々にして起こりえます。



 さて、前回書いた「マッチョな男性/プロポーション抜群の女性」の行く末について。

そういう方々が、もしそういう体型でなくなってしまったとしても認めてもらえるような場所なり、コミュニティなりを自ら探す必要があるのでしょう。そのためにはまず、外側の「鎧」(あるいは「仮面」?)を外す勇気を持つことからです。その勇気を持つためには内面を磨く必要がありますね。

 前回このように書きました。

 まず、やめてみましょうよ、と。その方法としては、ただ単に身体を鍛えたり、女性であれば美しくなるための努力をぱたりと止めるのではなく、意識的に身体の「内側」をケアしてゆく方向へ移行してゆきましょう。

 努力するベクトルを180度転換するということです。努力量を変えてはいけません。

 そうすると、体型は「普通」になってゆくことでしょう。外側(上っ面)だけをキープするトレーニングをやめると一時的に外見が「たるんだ」状態になり、自分でも嫌になったりしますが、そのすきに、外面だけでつながっていたような人間関係は、まず真っ先に断ち切りましょう(断ち切らなくとも、自然と離れてゆくかもしれませんが……)。



 努力量を変えさえしなければいずれ報われます。ただし、時間はかかるかもしれません。そのあたりについては次回に書きます。

心について

心について
以前より書いておりますとおり、身体だけでなく「心身」をともに鍛えてゆくことが大事だと考えており、この「心」といいますのが身体の「内側」にひそんでいます(たぶん)。そして私たちの行動をつかさどっています。

 今回は「心」について、少し書いてみたいと思います。

 といいましても私は心理学者ではありませんし、うかつに「心」について書くのは非常にキケンな行為です。なぜならば、私がここで「心」について文章化し、視覚化されて自分の意識から「心」の中に入ってくる時点で自分の「心」が揺り動かされてしまい、極端にいえば人生変わってしまうからです(このあたりでかなりヤヤコシい)。

 あくまで、素人考えであることはご了承いただきたく思います。



 身体の「外側」だけを鍛えることについて、否定的に書いてきたように思います。が、仮に、外側を鍛える、あるいはブラッシュアップすることで、例えばモテるようになったり、外見で人に認められるようになったりするケースがあります。

 若いうちは特にそのようなケースが多々あります(笑)。

 つまり、(「外見」を含む)「外側」を鍛えることにより、「心」が快になってゆくということです。自分の自尊心やナルシシズムも満たされ、外部からも評価され、その相乗効果で快になってゆきます。

 これは、「悪くない」と思うのですよね。それで心の安定が保たれるのであれば……。

 でも、外側を鍛えるために内臓を犠牲にすることがほとんどなので、それはいけないことですので「期間限定」であればよいかと思います。

 いつかはやめなければいけません。ムリをせずに自身の「心」を定常的に「快」にする方法を、探してゆかなければなりません。



 特に30代を過ぎたあたりからは、内臓をムリさせずに身体の外側、あるいは「外見」をブラッシュアップしてゆくのがベターです。これは、十分可能なのですがそれぞれの考え方次第なのです。

 例えば、男子であれば逆三角形の肢体、腹筋が割れている、といったような状態は人間の営みという点ではかなりムリがあります。(女性でいえば「プロポーション抜群」とか?)そういう身体をつくり上げるのも、維持するのも、内臓に負担がかかります。

 そして、内臓に負担がかかっている状態では「心」が安定しません。なぜならば、身体の「内側」の状態と「心」の状態は、直結しているからです。

 マッチョな男性/プロポーション抜群の女性が、「とある特定の場所」(想像におまかせします)にいけばモテるとしますと、当たり前ですが、いつもその場所にいきたがるようになります。なぜなら、その場所でのみ「快」が与えられるのですがそれ以外の場所では、相対的に常に不快だからです。一種の依存状態です。

 そういう身体でいなければ自分に自信を持てない、という方もいらっしゃるでしょうし、それは実際、そういう身体が評価されるこの現代社会では、いたし方ないところもあります。



 ところで、逆に、「太っている」という状態も、同じようにムリがあります。太っていることでどれだけ内臓に負担をかけているか、というのは、経験されている方も多いと思います。もともと人間本来の普通の生活をしていれば、太らなかったはずなのです。

 親が太ってるから自分も太ってしまったとか、母親が出された料理を食べていたら太ったとか、そういうのは言い訳にすぎません。

 でも、今の日本では、標準の範囲内の体重でも太っていると自覚していまうことが多い(特に女性)ですね。これはけっこう大きな問題です。



 マッチョな男性/プロポーション抜群の女性は(と、何回も書いていますがあくまでたとえです)、もしそういう体型でなくなってしまったとしても認めてもらえるような場所なり、コミュニティなりを自ら探す必要があるのでしょう。そのためにはまず、外側の「鎧」(あるいは「仮面」?)を外す勇気を持つことからです。その勇気を持つためには内面を磨く必要がありますね。

 太っている人はやせるだけで世の中の評価が高まるので簡単です。すぐに健康的にダイエットしましょう。
メルマガ
カテゴリ
リンク
最新記事
twitter
プロフィール

tatsuzawatokyo

Author:tatsuzawatokyo
肩書き:代表戸締役 独りサク飯研究会員 所属政党:自由飲酒党 好きな唄:民生の「息子」 <<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>> 都心型仙人を目指してはいます

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示